変形性膝関節症

院長 松本一郎
このようなお悩みはありませんか?

  • 膝が痛くて行きたいところまで歩けない
  • 膝の痛みで階段を下りることができない
  • サプリメントを飲んでも痛みが変わらない

はぎの台整骨院には、あなたと同じような不安を抱えた方がたくさん来院されて、次々と改善されています。あなたも今お抱えの膝の不安を解消したくありませんか?

みなさんこんにちは。奈良県生駒市、はぎの台整骨院・院長の松本一郎です。

国の調査によると膝の痛みでお困りの方は、1,000万人以上いると言われています。そのなかでも変形性膝関節症(へんけいせいひざかんせつしょう)と診断がつく状態の方が大半です。痛みや腫れ、動かしにくさといった症状があり、男性よりも女性の方が多いのも特徴です。

私が勉強をさせてもらった整形外科でも、毎日のようにお膝の注射と手術後のリハビリが多く、とても苦しまれていたお顔を今でも憶えています。

私は修業時代にマッサージをすれば膝の痛みを治すことが出来ると思って、日々患者さんに一生懸命に臨んでいました。しかしながら、どれだけ長い時間マッサージをしても、スネや太ももまでもみほぐしても膝の痛みが改善したという方は一人もおられませんでした。毎日、来てくださるにも関わらず、一向に治すことができず申し訳ない気持ちでした。中には痛みがひどくなって結局は手術をされた方もおられました…。目の前でお困りの方に、何もして差し上げることができずに、とても悔しい想いをしました。

そこでさまざまな勉強をして、痛みのある部分のマッサージではなく、全身のバランスを整えることを重視した治療を学びました。その方法を試してみると、少しずつではありますが膝の痛みを軽減することができるようになりました。さらに勉強を続けて行くと、毎日来ていただかなくても、確実に膝の痛みを軽減できるようになり、身体の仕組みも少し理解できるようになってきました。

今では「手術しかありません」と言われて、落ち込んでらっしゃった患者さんであっても、膝の痛みを改善して思いっきり山登りを楽しめるようになったケースも出てきました。

現在、変形性膝関節症と言われてお悩みの方に少しでもお役に立てるように、当院の治療について詳しく書きましたので、ぜひとも最後までお読みください。

変形性膝関節症の治療

変形性膝関節症の本当の原因

なぜ変形性膝関節症が起こるのかご存知ですか?

本来の膝は、体重や運動時にかかる負担をうまく分散しています。加齢やケガ、関節の不安定性などで負担がうまく分散できなくて軟骨がすり減っても、すぐに修復されるしくみがあります。しかしながら、さまざまな理由で身体のバランスが崩れたことで、膝の深い所にまで充分に血が流れなくなることで、この修復スピードが低下します。

結果としてクッションのはたらきをする軟骨が少なくなり、関節への負担が増加し、弾力も失われて変形が起こり始めます。
そのような不均衡なままで使い続けてしまうと、骨棘や骨びらんと言われる大きな変形まで引き起こし、痛みや動かしにくさもひどくなってしまいます。

そこで私は、変形性膝関節症を改善するには、変形そのものを何とかするのではなく、変形を最低限でおさえるために、修復スピードを高める治療が大切なのではないか?という考えに行きつきました。

つまり変形性膝関節症の一番の原因は「血の流れ」が悪くなってしまう事だと気が付きました。

長年、膝にお悩みの患者さんを治療させてもらって、血が流れにくくなる原因は大きく分けて4つあるということが分かりました。

1.日常の悪い習慣

立つ時に片足に体重をかけるクセや、ケガが完全に治っていない状態でスポーツを行うなどをすると、膝がねじれたままになってしまいます。ねじれたままで使い続けることで、血が流れにくくなって修復が間に合わずに変形が進んでしまいます。

2.ストレス

心身ともにストレスが加ると、自律神経(特に交感神経)の働きが過敏になりリラックスできずに、緊張状態が続いてしまいます。
緊張すると当然ですが、筋肉は硬くなり、膝の圧が高まり、変形を助長してしまいます。

3.運動不足

人間の身体は歩く、しゃがむといった刺激によって、血を流れやすくしています。しかし現代の生活では座る時間が長く、身体を動かす機会が激減しています。結果として血の流れも悪くなり、膝の筋肉も低下して膝の変形に発展していきます。

4.肥満

体重が増えることで、膝への負担も増し、変形のスピードを早めます。
このような状態が長く続くと、バランスが崩れて血の流れも悪くなり膝痛のきっかけになります。

またこれらのうちひとつだけで腰痛を起こすことは少なく、この4つが複雑に混ざってお膝の変形が起こっていきます。
お膝の改善のためには、さまざまな原因を考慮して、全身のバランスを整えて、血が流れやすい身体にしていくことがとても大切になります。

当院の治療の特徴

治療による変化がすぐに実感できる

身体のバランスを整えることで「前かがみになれる」「ねじっても痛くなくなった」といった変化をすぐに体感してもらえます。

必要最低限の強さで行うソフトな施術です

来院される患者さんの中には整体と聞くと「ボキボキされるのかな?」と不安になる方もおられますが、揺らすだけのようなやさしい力加減で、お身体を整えていきますので、安心してください。

手軽に取り組める再発予防対策も提案

治療後も日常生活で気を付ける事や、再発予防のお手伝いをさせてもらいます。冊子や動画でのサポートもありますので、不安なく取り組んでいただけます。

変形性膝関節症治療の流れ

1.問診

問診

患者様のお身体の状態を把握するだけではなく、治療に対する不安や、お困りごとを把握するため、詳しくお話を聞かせてください。

2.検査

検査

膝が痛くなる原因は、年齢、性別、お身体の状態、ライフスタイルなどによっても大きく異なります。姿勢、傾き、重心のバランス、筋肉の硬さ、腰や脚の動きなど細かくチェックし、原因を見つけ出します。

3.身体の状態の説明

  • なぜ、膝の痛みが起きているのか?
  • 日常生活では何に気を付ければいいのか?
  • どんな治療が必要になるのか?

問診と検査の結果から、お身体に合わせた最適なプランをご提案させていただきます。

4.治療

患者様の身体の状態に最適な治療を提案いたします。

NEUBOXⅡ(ニューボックスⅡ)

NEUBOX
この機器は、数秒で身体を柔らかくする特殊な電気が出る機械です。身体のバランスを整えて、血が流れやすい状態になります。
詳しくは[NEUBOXⅡ]のページをご覧ください >>

整体治療

整体治療
身体バランスを整える目的で、手で全身を調整していきます。
詳しくは[整体治療について]のページをご覧ください >>

リアライン

リアライン身体バンスを理想的な状態に整えるために、日本で開発された運動補助具です。使用することで、再発防止効果も期待できます。
詳しくは[リアラインについて]のページをご覧ください >>

5.治療後の確認

治療後の確認

治療後、身体の状態を細かく確認し「どういった変化が出たのか」を患者様ご本人にも確認していただきます。
できるだけ早く改善できるように、患者様一人ひとりに合わせた治療計画、来院回数の目安などを説明させていただきます。

コルセットや湿布、注射、牽引やマッサージでは改善しなかった方は、是非とも当院にお越しください。逆に長時間のマッサージをご希望の方は、ご期待に沿うことができませんので、他所の院を強くおすすめします。

治療費

6,800円(税込み)
初診のみ+3,000円(税込み)をいただいております。

よくある質問

ありません。手で行う整体も揺らす程度の力加減ですし、電気治療機もピリピリ感はほとんどありませんので、全くストレスなく安心して受けていただけます。

若干の差はありますが、初回で45分、次回以降20分程と考えてください。

必要ありません。しっかりとお医者さんの指導に従ってください。

膝の痛み(変形性膝関節症)でお困りの方は今すぐご予約を

初めての方は1日1名限定となります

ご予約はお早めに
初めて受診される方は、しっかりお話を聞き、丁寧に検査と説明をしてから治療させていただきますので、1日1名さまが限界となっております。
また当院では、ありがたいことにたくさんの患者さんにお越しいただき、そのほとんどが1週間から1ヶ月後のご予約をお取りになって帰られます。そのため急に予約を取ろうと思っても、ご希望の日時にご予約が取れない場合がございます。

可能であれば1週間前、遅くとも2日前までにはご予約されることをおすすめいたします。
これを機に、一緒にあなたの膝を改善しましょう!

(柔道整復師 松本一郎 監修)

インターネット予約はこちら
電話予約はこちら